2010年 04月 15日
三村比呂志記念美術館
前回登場の「客主人」の帰りにふと目に止まった「三村比呂志記念美術館」の看板が
脇道細道探検隊としては行くのみ
(その節はkansai-gさん大変お待たせしすいませんでした)

客主人の入り口のカーブミラの直ぐ東隣が美術館の入り口です(看板が奥でわかりづらい)
a0165631_23594362.jpg

ここから少し入ると民家の庭先を通る為に少し戸惑いますが
それでも進むのみ(看板から奥へ20m位)
三村家の表札を確認して門をくぐりますと和風庭園に続き白壁の土蔵風の
美術館が現れます。遅い時間でしたがで奥様の厚意により入場で来ました。

玄関を入ると直ぐに大作が・・・凄い予感がします。
a0165631_23451025.jpg

中に入ると多数の作品が収蔵されています
奥様の解説を聞きながら暫し観賞させて頂きました。
a0165631_23472379.jpg
a0165631_23473765.jpg
a0165631_2347489.jpg

氏の略歴を見て日展19回入選!ソ連政府お買上げ!他多数の賞暦が
読み進むと何と私の学校の大先輩と判り再度、感激です。
興味の有る方無い方問わず是非一度訪れて観てほしいものですね。
遅ればせながら遅い時間にも関わらずお世話頂きました奥様には感謝申し上げます。
どうにか出来るだけ後世まで続けて欲しいと思います。
[PR]

by km0103 | 2010-04-15 23:55 | 雑貨・オブジェクト | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 霧に咽ぶ森か?      黄花カタクリが咲きました >>