2016年 05月 26日
アオイトトンボ羽化
例年通りアオイトトンボの羽化が始まりました
お花などと違って気温が高くなったからと言って早く羽化が始まる様な事はない感じですね
お花は気温と日照時間で開花時期を決めている感じですが(電照栽培や温室栽培等)
トンボはそれ以外に何か体内時計か月の潮汐力を感じているのかも知れませんね?
羽化は風の少ない晴れの日を選んでいる様に思います。

無事に羽化を終え草むらで休息後に飛び立ってゆきます
a0165631_15235379.jpg




2cmほどのヤゴから羽化が始まります
a0165631_15242044.jpg
a0165631_15241291.jpg
徐々に翅を伸ばしてゆきます
この状態で羽が完全に乾くまでぶら下がっています
a0165631_15240007.jpg

[PR]

by km0103 | 2016-05-26 10:23 | トンボ | Comments(4)
Commented by kawanori-photo at 2016-05-27 20:31
美しく神秘的なひとときですね~
イトトンボはヤゴも細身なのですね
時間はやはり早朝ですか?
Commented by km0103 at 2016-05-27 22:27
kawanori-photoさま こんにちは
コメント有難うございます
はい、ヤゴはカワゲラの幼虫みたいで小さいですイトトンボも多種ですが私はこのアオイトトンボのグリーンが綺麗で一番好きです
それと多くのイトトンボが羽を閉じて止まることが多いですがアオイトと四国トゲヲトンボは羽を開いて止まるのも良いですね
羽化は早朝と思われがちですがこの時はお昼前ですがまだ羽化が続いています。
Commented by hikarigraphy at 2016-05-28 18:21
こんにちは(^^♪
トンボの羽化は一度も見たことがないのですが
何度も紹介してもらう km0103さんのフィールドは素敵なところですね!
プライベートでも新しい命との出会いがあって感動ひとしおです^^
Commented by km0103 at 2016-05-29 07:57
hikarigraphyさま こんにちは
そうですね高松市と言っても郊外の里山、つまり片田舎ですが周囲はまだ自然が残っている方だと思います
私も昆虫の誕生の瞬間を見る事が多いのですが思いのほか無事に飛び立てる確率は高くはありません・・・
天敵の捕食だったり風雨など自然条件そして農薬などの薬害による奇形がたくさん見られます
ですので上手く飛び立てた勝者達には確実に子孫を残して欲しいと思ったりもします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アオイトトンボの姉弟      法然寺五重塔 >>