2016年 09月 14日
吾亦紅 吾も紅なりアカネさん
秋を彩るワレモコウ(吾亦紅、吾木香)
上手い具合にミヤマアカネさんが止まってくれましたどちらも秋を感じさせてくれるますが
案外と二人のツーショットはなかなかお目にかかれません特に自然に自生しているワレモコウの数が少なくなっています

a0165631_16360053.jpg







近くでは♀のミヤマアカネ、隣にマユタテアカネの姿も見られました
a0165631_17180896.jpg
手前がミヤマアカネ♀、奥にボケたマユタテアカネの♂が
a0165631_17180111.jpg

[PR]

by km0103 | 2016-09-14 10:28 | トンボ | Comments(4)
Commented by ryu_aida at 2016-09-19 06:42
透き通った感じがとっても美しい!!
見たことないですね。
もっとも見てても気づかなかっただけかも知れません(笑)
Commented by km0103 at 2016-09-19 07:09
ryu_aidaさま こんにちは
そうですね肉眼で見るよりボケが入るとファンタジックになりますね
学術写真としてはもっと絞り込んではっきり写すところですが写真的にはこれ位が好きです。
Commented by hikaridokei at 2016-09-19 17:35
吾亦紅というのですね。
ハイキーな仕上げで花と深山茜さんの透き通った赤が印象的です♪
茜さんの目玉のグラデーションもめっちゃキレイです^^
Commented by km0103 at 2016-09-20 11:32
hikaridokeiさま こんにちは
ワレモコウはオミナエシやらススキ等と一緒に月見団子の脇に飾られている秋の花なのですが
栽培種は多いと思いますが里山のワレモコウは確実に少なくなってきてしまいました
トンボさんも逃げずに付き合ってくれたので数枚のカットが撮れました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 蕎麦の花はまだ先だった      ミヤマアカネと彼岸花 >>