2016年 05月 10日
濃霧の高松空港
この時期には珍しく2日続けての濃霧発生で欠航が続出でしたが
その中に有ってANAが東京便で2便運航していましたJALも滑走路上を低空で確認していましたが結局諦め引き返した様です
以前も同じ事が有りましたがANAの機長が優れているのかまたはJALの機長が慎重なのか?
どちらにせよ高松空港ではANAの方が到着の可能性が高いのは事実ですね。

着陸ですが視界が無いのでエンジン音だけが大きくなり近づいて来て(ライトも余り見えません)
突然に目の前で機体が現れる感じです
a0165631_16320827.jpg
離陸も突然に表れて直ぐに霧の中へ消えて行きます
a0165631_16320592.jpg

[PR]

by km0103 | 2016-05-10 16:37 | 電汽車、車、飛行機、船舶


<< 西照神社のシャクナゲが咲き始めました      クロスジギンヤンマ産卵 >>